爪の黒ずみを解消・綺麗にとる方法!スキンケア対策

マニキュアやジェルなどでお洒落を楽しんでいる方も多いと思いますが、爪も肌と同じタンパク質で作られていますので、乾燥するのです。 お手入れしなければ、シワができたり、変色して黒ずむこともあります。爪の黒ずみに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

爪のケア方法を確認し、普段から変色などのトラブルが起きないように、予防することも大切です。

爪の黒ずみを防ぐために気を付けたい事

まずは、いつも使っているネイルカラーの色素沈着や除光液の使い過ぎに注意します。 マニキュアを塗る時には必ずベースコートを塗りましょう。 マニキュアの色素沈着を防ぐとともにネイルも長持ちするので、落とす回数も減らすことができます。 また、マニキュアによっては爪が変色しずらい物もありますので、購入する時にはそのようなものを選ぶと良いかもしれません。

頻繁に除光液を使うのはやめた方が良いでしょう。爪への負担が多過ぎで、変色をさらに濃くしてしまいます。 アセトンの入っていない、爪に優しい除光液もありますので、そのようなものを使ってみると良いでしょう。

ジェルネイルをする方の場合は、爪カビの発生などのが生じる場合がありますので、定期的にネイルサロンでのお手入れが必須です。 また、カビの発生を防御する爪と指専用の消毒スプレーを使うと防げる可能性があります。

マニキュアや、ジェルネイル以外にも、喫煙により変色している可能性もありますの変色しない工夫をすると良いでしょう。

ケアの仕方

爪を整える

爪切りを使うと爪が割れやすくなるため、良くありません。爪やすりがオススメです。

爪に潤いを与える

爪専用のオイルを塗ることで乾燥が防げます。 マメに塗るようにするとしっかりと保湿ができます。 いろんな種類のケアオイルがありますので、自分の使いやすいもの、または持ち運びしやすいものも持っておくと頻繁にケアできて良いでしょう。

しっかりケアしていれば、爪全体の色が綺麗になり潤いがあるので、割れたりすることも無くなります。新たな黒ずみや変色が起きなければ、綺麗な爪を保つことができるでしょう。

また、足のつめが黒ずんでいる場合、特に小指は靴の圧迫が原因の可能性があります。その場合は、靴のサイズや形を見直すことで改善する可能性があります。

但し、変色とは言えないほど爪が黒くなっている場合は、病気の可能性もありますので、必ず医師の診断を受けましょう。

爪の黒ずみにはいろいろな理由があります。ネイルのケアを怠らなければ変色は免れますので、普段から気を付けてケアをしていくことをオススメします。素のままの爪も綺麗ならば、何も塗らなくても素敵です。