毛穴の黒ずみを解消・綺麗にとる方法!スキンケア対策

顔にはたくさんの毛穴がありますが、その毛穴の黒ずみ、気になりませんか?毛穴が黒ずんでいると、どうしても顔全体がくすんで見えてしまいますし、透明感があるようには見えません。透明感のあるお肌は誰もが憧れますよね。 では、毛穴の黒ずみを綺麗に取るには、どのような事に気を付ければよいのでしょうか?

毛穴の汚れを落とすために洗顔は正しくしましょう

毛穴の黒ずみは一番の原因は汚れです。皮脂や取り切れていない角質などが角栓となり固くなり黒ずむことで目立つようになります。ですから。毛穴を常に清潔に保つことが大切です。 毎日のスキンケアの中で、毛穴を綺麗にするために重要なのは、洗顔です。 正しい洗顔方法で、毛穴の汚れをしっかり取りましょう。

1、蒸しタオルや入浴で、毛穴を十分に開きます。毛穴が閉じたままいくら念入りに洗顔をしても、毛穴の汚れは落ちません。入浴中であれば、お湯にゆっくりつかります。蒸しタオルはレンジで温め、やけどに注意して数分顔に乗せます。毛穴を開くことで、汚れが落ちやすくなります。

2.洗顔料や石鹸をしっかりと十分に泡立て、キメ細かい泡で、力を入れずに優しく洗います。決して擦らないようにしましょう。泡を顔全体にくまなく乗せるくらいの気持ちで十分です。すすぎはひと肌程度のぬるま湯で優しくしっかりと流します。手のひらや指でゴシゴシするのは、お肌への刺激にしかなりませんので気を付けましょう。 また、洗顔の最後には冷水で毛穴を引き締めます。

3.しっかり保湿します。洗顔後、お肌を放っておくと水分がどんどん奪われ、乾燥します。そうなれば皮脂は過剰に分泌され、せっかく汚れを落としても、また汚れが溜まりやすい肌になり、悪循環です。 洗顔後すぐに化粧水をつけ、しっかりと水分を与え、その上で油分のある化粧品で水分の蒸発を防ぎます。

あまり改善されない場合はオイルマッサージが効果的

通常のお手入れで、なかなか改善がされない場合は、たっぷりのオイルでマッサージをして毛穴の汚れを取ることもオススメです。 洗顔と同じように、蒸しタオルなどで毛穴を開き、タップリのオイルを使って優しくマッサージします。 この時も、洗顔と同じく、擦ってはいけません。肌に指が触れるか触れないかくらいの力で、そっとマッサージします。汚れを取りたいあまりに、ついつい力が入ってしまうかもしれませんが、力を入れて擦っても毛穴の黒ずみは取れません。むしろ、摩擦によって、シミ、シワ、たるみなどのトラブルに見舞われる可能性がありますので、十分に気をつけましょう。

皮脂の過剰な分泌は、お肌の大敵です。日中、テカリの気になる方は、保湿が足りていない可能性があります。オイリー肌と思い、サッパリとした化粧品だけを使わずに、乾燥肌と同様のケアをすることで改善される可能性があります。 お肌が正常な状態であれば、日ごろのケアで十分毛穴の黒ずみも改善されますので、ぜひ実行してみてください。

オススメのケア商品は『ビーグレン』

ビーグレン

毛穴に悩んでいるならビーグレンがおすすめ!

毛穴で悩んでらっしゃる方って多いんじゃないでしょうか?乾燥や黒ずみ、毛穴の広がり・たるみ・シワなど顔には悩みが付きません。特に毛穴に悩んでいるならおすすめなのがビーグレンです。浸透力も保湿力も優れていますし、ビタミンC配合で毛穴引き締め効果もバッチリです。