歯茎の黒ずみを解消・綺麗にとる方法!スキンケア対策

笑った時の真っ白い歯と共に気になるのは歯茎ではないでしょうか?健康な人の歯茎はきれいなピンク色をしています。しかし、日ごろの習慣などにより、黒ずみが気になるほど濃くなってしまうことがあります。 この歯茎の黒ずみに悩んでいる方、意外と多いのです。

そのまま放置していると、色々なトラブルが起こる可能性もあります。

歯茎の黒ずみは治せる?

黒ずみの原因は、喫煙によるものから、差し歯や被せ物、歯周病によるもの、血行不良などいろいろです。

血行不良の場合は、日ごろのケアで改善できる可能性があります。 その方法は「歯茎のマッサージ」です。指の腹を使い、歯茎を円を描くようにクルクルとマッサージします。気になると事だけではなく、奥歯まで全体的に丁寧にマッサージしましょう。 歯茎をつまんで刺激を与えるのも良いかも知れません。マッサージすることにより、歯茎の血行が良くなり、くすみや黒ずみが改善されるでしょう。気になる方は、毎日の日課にしてみましょう。

喫煙によるものやメラニン色素による黒ずみは、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うことによって、歯茎にも効果のあるものがあります。そのようなものを使い、歯茎も意識しながら磨くことによって、歯茎のマッサージにもなり一石二鳥です。

歯医者さんでの施術

歯茎の黒ずみの治療をしている歯医者さんは意外に少ないのが難点ですが、審美歯科のある歯医者さんによる[歯茎ホワイトニング」の施術を受けるのも手です。 歯茎に薬を塗り表面のステインを取り除き、元々の歯茎の色に戻すことができます。

喫煙やメラニン色素による黒ずみは、レーザー治療で元のピンク色に戻る可能性があります。 歯茎にレーザーを照射することで、歯茎の表面をはがし、再生させるという治療です。

また、虫歯や被せ物、歯周病による黒ずみの場合は歯医者さんでの治療が必要です。

歯周病の原因は、不十分な歯磨きで歯石が口の中に増えることによって起こります。歯周病菌は、歯と歯肉の隙間の歯垢のある部分で増えます。歯周病になってしまえば、黒ずみも含め歯医者さんでの治療が必要になります。 そうならないためにも、歯磨きは歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシも使って丁寧にすることが大切です。

歯や歯茎の健康は毎日のケアにより大きく左右されます。 歯周病にならないようにケアをしっかりすることはもちろん、喫煙や食べ物による色素沈着をおこさないためにも、毎日のオーラルケアと歯医者さんによる施術との組み合わせで健康的で清潔感のあるピンク色の歯茎を手に入れましょう。

オススメのケア商品は『パールホワイトPROEX』

パールホワイトPROEX

@コスメ第1位!歯のお悩みパールホワイトPROEXがおすすめ!

@コスメで第1位を獲得した人気商品です。有名タレントや美容ジャーナリストも愛用とあって信用度も高く注目されています。パールホワイトPROEXは自宅で低コストにケアが出来るのでお財布にも優しいです。歯の黄ばみ・黒ずみ・ヤニ落とし・歯垢・口臭除去・虫歯予防など主な歯のトラブルの殆どをこれ1つでケアしてくれる優れものなので是非使ってみてくださいね。